FC2ブログ
香港オンナ2人旅
ネットで集めた情報を頼りに香港を食べまくり&歩きまくり。 2004~2006年の旅をできるだけ細かく、できるだけマニアックにレポートします。
07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
famao&usa
  • famao&usa
  • famao:
    常に瞬間を生きるオンナ。旅先では基本的に役立たず。たまに野生の勘を発揮。

    usa:
    常に天気と現在位置を把握するオンナ。旅先ではとにかく食う。GPS搭載。
     
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
店ガイド:鹿鳴春
written by usa

鹿鳴春 (Spring Deer)
 
尖沙咀麼地道42號 (42 Mody Rd Tsimshatsui)
2366-4012
営業時間 11:00~15:00、18:00~23:00

北京料理の店で、北京ダックを安く食べられる事で有名
MTR尖沙咀駅から徒歩5分 看板だけは大きいが、ちょっと怪しげな雰囲気の雑居ビルの細い階段を上がった2F。

今回は、JCBスペシャルセットメニュー

北京填鴨餐   (北京ダックセットメニュー 3~4名様用) HK$500
什錦拼盤   (前菜の盛り合わせ)
賽膀蟹    (腕白の炒め物蟹風味)
北京栲填鴨  (北京ダック)
八寶炒鴨  (アヒルの挽肉五目炒め)
津菜豆腐鴨骨湯(白菜と豆腐入りアヒルの骨仕立スープ)
韮王絲炒拉  (アヒルの細切り肉入り北京風焼きそば)


店内は意外と広いが、次々と埋まっていき、結構ローカル色が強い。サービスは優雅さは無いが、ちゃんと取り分けてくれたり、ビールも注ぎにきてくれるし、悪くない。
まずは、お決まりの茹でピーナッツとお茶
20050926224629.jpg

前菜から、かなりのボリューム! くらげ、スモーク系のお肉、ホワイトアスパラなどあっさりと食べやすい。
そして、私が異様にハマってしまった卵白の炒め物。ふわふわの卵白に混じって蟹の身も少し、蟹ミソのような風味もする。後のメニューを考えると卵白なんてお腹の膨れるもの食べてる場合ではなく・・・。途中でやめたんだけど、、、結局やめられず、冷めても美味しいかも、、と最後まで食べてしまった! 呆れるfamao 
20050926224642.jpg


本日の主役!北京ダック!!!
一皿目が来た時、その量に驚き・・・二皿目が来た時は、もう笑うしかなかった。(しっかり1羽分・・・) しかも、ここのはいわゆる皮だけを薄くそぐ上品なタイプではなく、お肉もたっぷりついてくる。ジューシーで美味しい。しかし、ダックを包むカオヤー餅も分厚いので、あっという間にノックアウト。しかし、北京ダックだ!!と騒いだfamaoの方が私より食べてないとは!!
挽肉五目炒めは、famaoがハマった。挽肉の他に、揚げ春雨、ザーサイ、筍、セロリなどなど盛りだくさんで確かに美味しい。
20050926224653.jpg


さらに、、洗面器のような大きなスープがっ。もうどうにでもしてくれ状態。。あっさりとしてるけど、アヒルのスープがなんとも美味しい。しかし、いつもなら大好きな豆腐が、憎らしくなる程満腹。
極めつけの、焼きそば。これがまた太い麺がなんともモチモチ美味しくて困った。会社の近所で、ランチにこの焼きそばがあったら週1で頼みたいかも。
20050926224704.jpg


4人だったら、本当にお得なメニュー。でも、単品でも北京ダックは1羽単位でしか注文できないので、2人でも北京ダックが入ってこのお値段のこのメニューは十分お得。
残ったらお持ち帰りは当然のお国柄。私達もお持ち帰りしたいのはやまやまだったけど、、、食べる暇が無いのが判ってたので断念。
それにしても、かなり頑張って食べた。普段の食欲は famao>usa なんだけど、、、こういう時の私の底力は凄い!(自分で言うのもなんだが) 旅行初日で、朝から機内食しか食べてなかったというのも大きかったかも。
スポンサーサイト

【2005/09/26 22:21】 店ガイド:食べる | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<1日目(7):夜はこれから~女人街 | BLOG TOP | 1日目(6):やっぱ日本人はJCBプラザ!>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://hkguide.blog25.fc2.com/tb.php/8-6fbdbf5c


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。