香港オンナ2人旅
ネットで集めた情報を頼りに香港を食べまくり&歩きまくり。 2004~2006年の旅をできるだけ細かく、できるだけマニアックにレポートします。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
famao&usa
  • famao&usa
  • famao:
    常に瞬間を生きるオンナ。旅先では基本的に役立たず。たまに野生の勘を発揮。

    usa:
    常に天気と現在位置を把握するオンナ。旅先ではとにかく食う。GPS搭載。
     
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
2日目(7):ラマ島で食べまくり
written by usa

ラマ島、メインイベントその②

ラマ島に海水浴やハイキングに行くのは、香港在住の欧米人やちょっぴりマニアックな観光客。(我々も?!)
普通の観光客にとってのラマ島といえば、香港からちょっと船に乗ってシーフードを食べに行くところ。
有名なレストランでは、香港島から無料送迎フェリーを出しているぐらいだから、ツアーなどで行ったことのある人は結構多いみたい。

有名どころも色々あるのだけど、今回はジョンが 「 前に、ラマ島の友達に連れてってもらった店が良かったよ! 」
と珍しく (失礼) 頼りになることを言うので、そのお店に決定。
あとは、無事に店に辿り着けるかどうかが問題だけどもさすがジョン!ではなく、ラマ島!
お店のある通りは1本しかないもんだから、ジョンでも迷うことは無く(しかし、この店だったかなぁと店の前でしばし考えてたような・・・) 到着。

seafoodrestaurant-sign.jpg

間口の狭いこのお店、入るといきなり厨房の中を通る羽目になり驚く。大丈夫か?ジョン。

20070324221943.jpg

しかしそのまま進むと海に面したテラス席が登場、良かった。

他の店同様、この店の前にも生簀があったんだけどそこでは選ばなかあった。でも席に座ってメニューを見ていて、
せっかくだしここはやっぱり奮発してロブスターでしょ~と店の人にロブスターと伝えると、
バケツに入れた活きたロブスターを持って、これでいい?としっかり確認にきてくれた。
しかし、活きが良すぎたのかfamaoがびびったのか写真ブレ気味。

20070324221953.jpg

まだまだ明るい中、まずは例によって青島ビールで乾杯。
早目に入ったおかげか、一番海寄りの席でかなりいい感じ。
シーフードモード全開で頼んだ料理は・・・

Fried Prawns with Black Pepper & salt HK$90
20070324222205.jpg

バリっと揚がった海老、大きかった。
殻ごとかぶりつく、胡椒効いててうまっ。
足の部分がまたパリパリしてていい。
ビール進んじゃう系。

Fried Scallops with Broccoli  HK$85
20070324222233.jpg

私(usa)もfamaoも大好物の、ホタテ。
もちろんマズイ訳が無い。
大きくてジューシー。味付けはあっさり目で嬉しいけど、チリオイルをつけてスパイシーに食べても良し。

Deep Fried Fish 時価(HK$150位)
20070324222223.jpg

大きな魚の丸揚げ、葱と香菜添え。
この強い香りがダメな人も多いけど、香菜好きな我々は大喜び。

ところでメニューに魚としか書いてなかったので、注文の時に何の魚だろうかとお店の人に聞くと
Snapperと教えてくれた。
しかし、、、Snapperって何???

ここで、活躍したのがfamaoの携帯!
20070324232443.jpg
 <クリックで拡大>
しっかり変換されてるっ。

魚は皮がパリッと、中は柔らかく調理されててクセもなくめちゃ美味しかった。
香酢と中国醤油をベースにした感じのソースがまためちゃ合う~。
食べ応えのある一品。

料理が並ぶ頃には・・・
20070324222003.jpg

すっかり日も暮れて、ますますいい感じになってきた。
夜風も気持ちいい。

Steamed Lobster with Cheese 時価(HK$200位)
20070324222215.jpg

おまちかね!最初に活きたやつを見せて貰った本日の主役ロブスター
調理法も選べたんだけど、ぶつ切りのロブスターをチーズソースで和えたものに。
香港では、竹園海鮮飯店があまりにも有名だけど行ったことがなく
いつか何処かで食べたいと思っていた一品。
思ったよりチーズっぽくなく、ホワイトソースっぽい感じ。
まあ、濃厚過ぎず飽きずに食べられていいかも。
それにしても、、ロブスターって食べるとこ少ない・・・
判っちゃいたけどね。

Braised Seasonal Vegetable with Fish HK$80
20070324222243.jpg

青菜と白身魚の炒め物。
野菜系も食べたくて、選んだ一品。
何だったかいまいち謎だけど、これもあっさりした味付けで美味しかった。

素材が新鮮なのと、あっさり目の味付けで
とにかく、何を食べてもうまいって感じで大満足だったラマ島シーフードレストラン。
時間さえあれば、次回の香港旅行(いつ?)でも是非駆けつけたいっ。
もちろん今度は、ハイキングは無しで。
スポンサーサイト

【2007/03/24 22:27】 2006年 香港旅行記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<雑記:ラマ島のユル~い動物たち | BLOG TOP | 2日目(6):ラマ島からの生還 (オチあり)>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://hkguide.blog25.fc2.com/tb.php/60-d280ddda


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。