FC2ブログ
香港オンナ2人旅
ネットで集めた情報を頼りに香港を食べまくり&歩きまくり。 2004~2006年の旅をできるだけ細かく、できるだけマニアックにレポートします。
07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
famao&usa
  • famao&usa
  • famao:
    常に瞬間を生きるオンナ。旅先では基本的に役立たず。たまに野生の勘を発揮。

    usa:
    常に天気と現在位置を把握するオンナ。旅先ではとにかく食う。GPS搭載。
     
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
2日目(4):ラマ島でクレジットカードを使う
written by famao

ラマ島のつづきです。

10月とはいえ、トロピカル気候の香港、ラマ島で歩くこと1時間超。
なだらかな勾配を登ると、ほら、いい景色が・・・
only-in-the-middle.jpg
光化学スモッグでけぶってるし!

でも、「やっぱり自然の中で運動するのって気持ちいいよねっ!」と自分を慰めつつ、前方に目をあると・・・
lamma-powerst.jpg
か、火力発電所やし。 しかも、ものっそ元気に稼動してるし。

だ、ダメだ!「香港で自然の中ハイキング」なんて、かえって不健康だ!
空調のきいたホテルのジムでウォーキングしたほう体にはいいんじゃないか!?

・・・なんてことを思いはじめたとき、背後から恐れていた一言が!


「・・・・・ねぇ、どこが軽くハイキングだって?」



き、キ、キターーー!!!(゚∀゚) (生まれて初めてのアスキーアート)

usaってホント天才!
恐ろしいほどのタイミングで、絶妙に低いテンションでこういう発言をする天才!

「どこが軽く・・・」の一言で、
「1時間ちょっとの軽いハイキングって言ってたくせに、まだ店の1軒も見えないじゃないよ。最初のルート決めからして間違ってたんじゃないの?だいたいアンタたち2人にまかせておいて、物事が予定通りに進んだためしがないのよっ!」
まで伝わってしまうあたりがスゴイ。 (やや被害妄想ぎみか) 

そんなusaのボヤきを「いやー、これも一興。ビールが美味いわ、こりゃ」と巧みに(?)ごまかす。
「てか、さっきから日本人観光客なんて1人も見てないし」と鋭い切り返しがくるが、これまた巧みに(?)スルーして先を急ぐ。

とはいえ、旅行までの疲労と寝不足であまり体力に余裕のなかった私、famaoも限界を迎えつつあった。軍隊の訓練のように「HIKE TO DRINK! HIKE TO DRINK!」を連呼しながらジョンに引っ張られつつ、バテバテで歩くことさらに数十分。

ようやく、ゆっくりとリハビリのように文明が戻ってきた。
herb-garden.jpg
しかもハーブガーデンなんて、洒落たものが・・・。

農夫の血が騒ぐのか、やたら熱心にハーブの解説をはじめるジョン。
しかし、「これはバジルだよ」って言われてもなぁ、、、「OH!」とは言えないよ、アタシゃ。もっと珍しいもん解説してもらわな。
herbgarden.jpg
奥のほうにカフェがあって、オーガニック・ガイジンズでいっぱい。

ハーブガーデンを抜けると、ようやく中間地点のビーチに到着!
beach.jpg
さわやかさのカケラもないビーチだ。。。

このあと、ある意味メインエベントである豆腐花を堪能し(詳細はスイーツクイーンのusaにまかせます)、再び歩くといきなり島のメインストリート?とおぼしき場所がひらけてきた。
やはり私は街っ子。ちょっとでも店とかあると、さっきまで鉛のように重かった足が急に軽くなる。

どこかのガイドで見た、ブックカフェ「本の虫」。
bookcafe.jpg

西洋人が多い地域なんで、それなりに洒落た店も多い・・・とはいえ、そこは香港。きっちり「雑多ムード」かもし出してます。
shoppers-tigers.jpg
この浮き輪、日本人(関西人)向けなんだろうか・・・それとも。(ちなみに、ジョンはエセ阪神ファン)

香港では誰もが商人(あきんど)。
道の焼き栗おじさんも、謎の琥珀(?)店のおばちゃんもガッチリ商売してまっせー。
hkakindos.jpg
このおばちゃん、キョーレツなキャラで、一度見たら忘れません。

こんなところでも商売が・・・。
kids-fleamarket.jpg
おままごとしてるのかと思ったら、店番でした。

こ、こんなところでもっ!
bookstore-dog.jpg
人手不足、ここに極まれり!

ここで、およそラマ島らしからぬ店構えの中国茶の店を発見。
teahouse-outlook.jpg
この「千葉軒茶館」は、中国から茶葉を買い付けて香港の茶芸館やレストラン、お茶屋さんに卸している高級茶葉のお店だそうな。(帰ってきてから調べた)しかし、なんでまたラマ島なんだろう。。。

前回の香港旅行のあと、ある友人にペニンシュラのジャスミンティーを土産にあげたところ、えらく気に入ったらしく、その彼女が「また香港行くなら、あのジャスミンティー買ってきて!」と言っていたのを思い出して「じゃあ、今回の土産はここで買おうかしら」と物色していると、いろいろと味見をさせてくれた。気前いーい。
tea-tasting.jpg
結局、彼女の土産にちょっと高級なジャスミンティー(写真手前の球状の葉のやつ)と、自分用に10年モノのプーアール茶、小さい茶器を購入。(なんとラマ島ショッピングでクレジットカードをきってしまった!)
ジョンもつられてロンジン茶(緑茶)を購入。

思わぬところで思わぬ収穫にゴキゲンで足取りも軽く、ラストスパート!
スポンサーサイト

【2007/02/14 00:47】 2006年 香港旅行記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<2日目(5):ラマ島のオアシス | BLOG TOP | 2日目(3):香港で自然を満喫(!?)>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://hkguide.blog25.fc2.com/tb.php/55-2d2982e5


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。