FC2ブログ
香港オンナ2人旅
ネットで集めた情報を頼りに香港を食べまくり&歩きまくり。 2004~2006年の旅をできるだけ細かく、できるだけマニアックにレポートします。
07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
famao&usa
  • famao&usa
  • famao:
    常に瞬間を生きるオンナ。旅先では基本的に役立たず。たまに野生の勘を発揮。

    usa:
    常に天気と現在位置を把握するオンナ。旅先ではとにかく食う。GPS搭載。
     
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
店ガイド:水滸居
written by famao

水滸居(Shui Hu Ju)

中環卑利街68號(G/F, 68 Peel Street, Central)
2869-6927
營業時間 : ???

今回注文したメニュー
Spicy Lotus(蓮根のスパイスあえ)HK$78
Pork Dumplings(水餃子)HK$78
Sheddered Potato(ジャガイモの細切り炒め)HK$88
SzenChen Chicken(チキンの唐辛子炒め)HK$188
Pepper Prawn(エビのスパイシー炒め)HK$158
青島ビール(小瓶) HK$38×?
※サービス料10%

「水滸居」は欧米人の集まる街、SOHOの中でも、もひとつガイジン度の高いお店だ。ジョンも外国人向け香港グルメガイドの評価を見てここに決めたらしい。彼の性格を考えると、ほんといろいろ考えたんだろうなーというかんじのセレクト。なんたって私たちがジョンに与えたミッションは、以下の条件にあてはまる店を予約しておくこと。
(1)絶対に中華系の料理
(2)私たちだけではなかなか行けない店
(3)内装がイケてる店
+αの条件としては、(4)そこに迷わず行くこと。(ジョンはひどい方向音痴。てか、お気楽な性格のせいだな)

で、とりあえず結論からいくと、合格だよ、ジョンくん。(ナニサマ?)

何の店だかわからない入り口。
shuihuhu-outlook.jpg
中はかなり暗い。間接照明なんて生ぬるいものではなくて、あと一歩でただの暗がり。暗がりの中でガイジンたちがうごめいている。

暗がりに目が慣れてくると、他の中華の店では見られないスタイリッシュな中華インテリアだということに気づく。

「ほー」っと感心するうちに何やらドアが運ばれてきた。
shuihuhu-menu1.jpg
開けてみると、あらビックリ。ワインリストだったのですねー。「おもろいー」とさっそく撮影。しかし、昨年マカウでは3日3晩ポルトガルワインを飲みまくった私とジョンも、この晩はワイン気分ではなかった。無難に、青島ビールをオーダー。

ジャンルとしては北京料理らしいが、やたらスパイシーな料理が多い。ま、非常にうれしいんですが。
ここのウリはラム肉料理だと言われたが、あまり好きじゃないのでメインはチキンとエビに決定。

とりあえず、Spicy Lotus(蓮根のスパイスあえ)とPork Dumplings(水餃子)からスタート。
shuihuhu1.jpg
こっ、この蓮根が火を吹きそうなくらい辛い!キョーレツな四川山椒(麻)がほぼ生に近い蓮根にからめてあるだけのシンプルな料理なんだけど、辛いもの大得意の私がヒーヒー言いながら食べた。なんとか頑張って食べてるうちに、usaが「だんだん慣れてきて、蓮根が甘く感じるよ」と言う。そ、そうかな・・・と食べると、やっぱりヒー!
この後に食べた水餃子がなんと優しく感じられたことか・・・。

次はとSheddered Potato(ジャガイモの細切り炒め)とPepper Prawn(エビのスパイシー炒め)。
shuihuhu2.jpg
エビの料理はどこで食っても美味いなー。ジャガイモもシャキシャキしててグー。

この2皿でちょっとほっとしたのも束の間、次に出てきたものは。

SzenChen Chicken(チキンの唐辛子炒め)。
shuihuhu3.jpg
もう、「この皿の何を食うの?コレ?」てかんじ。

この唐辛子の山を掘ると、中にはチキンのから揚げが。
shuihuhu4.jpg

チキンを掘り出したusaが「ねぇ、黒いよ。黒いってば」と「黒い」を連発する。落ち着けって!「ああー?」と見てみると烏骨鶏だ。ほんと、真っ黒だ。真っ赤な唐辛子と真っ黒な烏骨鶏。すごい対比。てか辛いよ。
ヒー!

「ち・・・青島ビール、プリーーーズっ!!」

ヒーヒー言いながら食べて、飲んで、ついでにトイレの写真まで撮って、辛くて楽しい夜はふけていった。
shuihuhu-bathroom.jpg
トイレまで変わってる。

さて、どうもこの店は「ひらけゴマ」がお好きなようで、お会計までこんなんで出てきた。
shuihuhu-bill1.jpg
うーーん、他の店と比べるとかなり高い。そら、香港人はなかなか来ないだろー。

ま、でも味は美味しかったし、サービスは桁違いにいいし、面白い体験はできたかな。

いや~ 暗闇の中で、なにやら黒い唐揚げって、、、
想像以上に不気味。
鶏を頼んだはずなのに~。 鳥骨鶏か!?と気付いたけど
口に入れるのはめっちゃ勇気が要る。
そこで思わず、黒い黒いとうわ言のように言ってしまった(弁明)
頑張れ私! うん、味は鶏だ! でも、骨まで真っ黒! ひぇーー 
ってか、カライしっ・・・。
by usa
スポンサーサイト
【2005/10/04 09:49】 店ガイド:食べる | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<店ガイド:杏花樓 | BLOG TOP | 2日目(4):ガイジンの洪水、SOHOの夜>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://hkguide.blog25.fc2.com/tb.php/15-9e301c04


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。